不動産投資と実質利回りについて

不動産投資と実質利回りについて

不動産投資を行う際に、商品価値の高い収益物件を獲得することは極めて重要です。では、どういった不動産が利益を生むのかを見極める指標はあるのかというと、実質利回りという指標が存在しています。

実質利回りとは、年間の手取り金、つまり年間の賃料収入から維持費や固定資産税を差し引いた金額を、不動産の購入にかかった金額で割った値のパーセンテージのことを指します。このパーセンテージは、簡単に言うと1年間で投資にかかった総額の何パーセントを回収できるのかを表すために、何年間の不動産運用を行えば元が取れて利益につながるかを計算できることになります。

したがって、商品価値の高い不動産は、一般的に実質利回りが大きいというデータになります。不動産選びの際は、実質利回りについて注意すると良いでしょう。

 

親切な不動産屋さんの物件案内

引越をしようとしたとき、自分の知らない町に引越をするときには、その不動産物件だけではなく、町の様子というのも気になるものです。不動産を決めるときには、よく物件見学につれていってくれることがあります。

ただ、そういった場合にも、こういったときに、親切な不動産業者さんにお願いをすると、その町の様子も一緒に見せてくれたりします。

実際に物件見学につれていってくれた際に、その不動産自体だけではなく、その周りの通りや商店街も案内してくれたりしました。近くのスーパーマーケットやコンビニ、そして交番や郵便局といった施設も案内してくれました。

こういった親切な不動産屋さんであれば、そこまでしてくれるのだと感動したことがあります。

■ 神奈川

 

Calendar