定期借地借家契約の不動産

定期借地借家契約の不動産

不動産を借りるにあたって、金額面の確認というのはとても大切ですが、それと同様に、契約自体にも気をつけなければなりません。そのひとつが、定期の賃貸借契約です。

不動産用語でいうと、定期借地借家契約というものです。これは、不動産を賃貸する期間の期限が、不動産契約を開始する時点で決まってしまっている契約のことを意味します。こういった定期借地借家契約ではない、普通の賃貸借契約の場合、契約期間は2年だったりしますが、そのあとの契約の更新が可能です。しかし、定期借地借家契約の場合には、その更新というのがありません。期間が終わったら、その時点で出て行かなければならないのです。

こういったケースの契約もありますので、不動産で契約をするには、きちんと契約内容を確認したいものです。

 

不動産を借りるときの重要事項説明

不動産を借りたことがある人は、不動産の重要事項説明も受けたことがあるでしょう。どんな小さな不動産でも、不動産の賃貸借契約を締結するのであれば、重要事項説明は必要になります。また、それを借りる人がたとえ学生でも、未成年であっても、関係ありません。賃貸借契約を締結する場合には、不動産を借りる人を守るために、きちんと必要な事項を、きちんとした資格を持った人が説明してあげなければならない、というように決められているからです。これが、いわゆる重要事項説明です。これが、不動産の契約について定められていて、宅建主任者が行わなければならないのです。

なので、もし、不動産を借りるときに、そういった重要事項説明を行わないようなことがあったとしたら、それはきちんと言及しないと行けません。

町田 不動産町田 ゴルフスクール

■ 東京都下

 

Calendar