不動産取引をする時の注意点

不動産取引をする時の注意点

持っているだけで活用の予定の無い不動産の処分を行う場合、手慣れていない人に場合は幾つかの点に注意する必要があります。

多くの一般人は、人生の間に何度もこういった不動産売買を行う事は無いため、良くない業者に騙されるようなことがあっても、なかなか気付くことが出来ない可能性があるためです。不動産売買の仲介業務に関しては、大手だけで無く街中の小さな不動産業者でも取り扱っていますので、依頼すること自体は簡単です。

しかし、価格や手数料などの相場を全く知らない状態で、相手の言うがままに取引や契約を進めてしまうのは大変危険です。不動産の価値や、手数料の相場金額については、複数の情報元を利用してきちんと調べておきましょう。

不動産証券業務についてその変遷

不動産証券業務の中心となっているのはJ-REITです。これは2000年に「投資信託及び投資法人に関する法律」が改正されたことで不動産が投資信託の運用対象に加えられたことからつくられました。

証券化が進展したことは、投資家に対して投資の機会を拡大させた一方、不動産業界に対しては不動産の管理・運営を通して報酬を得るという、新たなビジネスの機会を与えることになりました。

不動産証券業界は急速に拡大してきましたが、リーマンショック後は急速に減速し、またパシフィック・ホールディングスの経営破綻という事態もありました。2009年には、不動産証券分野の基盤の安定を図るため、官民共同で不動産市場安定化ファンドが作られ、大手の不動産会社も出資しています。

 

不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資 不動産求人 町田

■ 東京23区内

 

Calendar